花粉予報ナビ - 2011年のピーク予測・対策とは?TOP > 原因と予防 > ほとんどはスギが原因?

ほとんどはスギが原因?

 

花粉症だけでなく、全てのアレルギー性疾患というのは過敏症の1つでもあります。

 

そのため、スギ花粉自体は人体に害がある物質という訳ではありません。

勘違いしないようにしましょう。

 

スギ花粉を少し吸い込んだところで、本来は身体に反応が出るものではないと言えます。

 

その事から、生まれつきスギ花粉症に悩んでいる赤ちゃんはいません。

 

実際にそんな赤ちゃんはいないはずです。

 

では、なぜスギ花粉症が発生してしまうのでしょうか。

 

その原因は、スギ花粉を長い間吸い込んでしまって体内に蓄積していくことだと思います。

 

長年吸い込んでいる内に身体がスギ花粉を有害な物質として認識してしまいます。

 

それが花粉症の反応として出てくるわけです。

 

これが人によっては達が悪くて、一度スギ花粉を有害な物だと認識してしまうと色々な症状に悩まされます。

 

スギ花粉を吸い込む度に身体が異物を排除しようとします。

 

花粉に過剰に反応してしまうことで、鼻水や鼻詰まり、くしゃみ、目の痒みといった症状が出てくるようになります。

 

<スギ花粉の飛散量>
飛散量については、前年の夏の気候がとても深く関わっているようですね。

 

前年の夏の日射量が少ない場合、降水量が多い場合には、翌春の花粉の飛散量は少ないようです。

 

逆に日射量が多くて降水量が少ない場合は、翌春の花粉の飛散量が多くなってしまう傾向にあります。

 

このような事から、花粉予報も前年夏の状況を考慮して発表しています。

 

花粉予報に「前年より多い」「前年より少ない」というフレーズを見かけるのは、このためなんですね。

 

決してスギ花粉自体が悪者というわけではありません。

 

過剰反応してしまうことが問題だということです。

 

また、私達の身体が悪い訳でもないので、これは難しい所ですね。

 

※スギ花粉症は30代〜40代の人に多くみられます。
 関東圏内の人に多くみられる傾向です。

 

花粉症の基礎知識A記事一覧

スギについて

日本での花粉症患者の約8割がスギ花粉症患者です。これは凄い割合ですね。そのため、日本では花粉症と言えば「スギ花粉症」というくらい有名な花粉症です。花粉予報で...

ほとんどはスギが原因?

花粉症だけでなく、全てのアレルギー性疾患というのは過敏症の1つでもあります。そのため、スギ花粉自体は人体に害がある物質という訳ではありません。勘違いしないようにしま...

早めの対応を

毎日、花粉症で悩んでいる人は結構いるのではないでしょうか。症状としては、鼻水とくしゃみに悩んでいる人が多いようですね。そんな人達にとって、花粉予報というものはすごく...

生活習慣改善で予防@

年が明けて花粉症の人がまず気にする事と言えば、今年の花粉予報ではないでしょうか。※花粉予報では、花粉の飛散量や時期について予測を教えてくれます。それを元に対策を練る...

生活習慣改善で予防A

あなたは、テレビの花粉予報を見たことはありますか?年々酷くなってきている感じがしますよね。そう思うのは私だけでしょうか。花粉症の方は、花粉予報の結果を受けて...