花粉予報ナビ - 2011年のピーク予測・対策とは?TOP > 花粉症の基礎知識 > アレルギー性疾患の1つ

アレルギー性疾患の1つ

 

花粉症はアレルギー性疾患の一つだと言われていますが、ご存知ですか?

 

言い換えると、アトピー性皮膚炎や喘息と同じ分類に区分けされます。

そして、アレルギーについては、身体に侵入してきた異物(ここでは花粉)を退治するべく身体が防御反応を起こします。

 

通常では単なる防御反応なんですが、稀に反応が過剰になることがあります。

 

アレルギー反応としてあらわれる事があります。

 

その過剰反応(アレルギー反応)の主な症状としては、鼻水やくしゃみ、涙といった花粉症独特の症状として出てきます。

 

さて、アレルギー症状を引き起こす原因物質をアレルゲン(抗原)と呼んでいます。

 

そのアレルゲンは色々とありますが、花粉症の場合ではブタクサやスギ、ヒノキのような植物の花粉がそれに値します。

 

それら花粉は粘膜がある鼻や目から入り込みやすく、粘膜がある鼻や目に集中して花粉症の症状があらわれるようですね。

 

当たり前の事ですが、人の身体は良く出来ています。

 

外部から入ってきたアレルゲンに対して、体内で抗体を作って守ろうと抵抗をします。

 

※花粉症の場合は「IgE抗体」という名前の抗体になります。

 

しかし、誰の体内でも平等にIgE抗体が作られる訳ではなく個人差があります。

 

この場合、抗体が作られやすい体質がアレルギー体質ということになるようです。

 

抗体が作られにくい体質では、外部からの異物に対して過剰反応しないために、アレルギー症状が出ないということになります。

 

このような抗体は、花粉症以外にもアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎、喘息などとも関わりがあるようです。

 

そのため、毎年のように花粉予報が発表されています。

 

その年の花粉飛散量の目安が出るので、花粉予報を見て対策をするようにしましょう。

 

花粉症の基礎知識@記事一覧

仕組みについて

あなたは、花粉症の仕組みについて何か知っていますか?現代では、花粉症による辛い症状で悩んでいる人が多いと思います。そんな中、毎年初めくらいに花粉予報が出されますが、...

アレルギー性疾患の1つ

花粉症はアレルギー性疾患の一つだと言われていますが、ご存知ですか?言い換えると、アトピー性皮膚炎や喘息と同じ分類に区分けされます。そして、アレルギーについては、身体...

アレルギーと免疫の関係

私は、毎年春が近付いてくると花粉症に悩まされます。それで花粉予報を見ますが、「今年は去年の何倍!」といった花粉予報を見た時はガッカリしますね。あなたは、このような経...

種類について

スギ花粉のことを花粉症と考えている人が多いように感じますが、あなたはどうですか?実は花粉症は、種類が多くて日本国内だけでも50種類はあると言われているから凄い数でしょう。 ...

季節によって異なる?

花粉症は、全ての植物の花粉で起こるわけではないということを知っていますか?※日本国内で言うと、50種類〜80種類くらいだと言われています。この大別としては、草花と樹...

患者数が増える理由とは?

花粉症の人が増えている原因には、どんなことが考えられるのでしょうか。花粉予報を見ると分かるように、日本のスギ植林事情に関係しているようですね。昭和45年頃から、スギ...