花粉予報ナビ - 2011年のピーク予測・対策とは?TOP > 花粉症の基礎知識 > 仕組みについて

仕組みについて

 

あなたは、花粉症の仕組みについて何か知っていますか?

 

現代では、花粉症による辛い症状で悩んでいる人が多いと思います。

そんな中、毎年初めくらいに花粉予報が出されますが、その花粉予報を見たことがありますか?

 

例えば、「今年は多いんだ!」とか「今年は前年にくらべて早く花粉が飛ぶ!」とか、このような事を聞くと残念な気持ちになる人は多いですよね。

 

さて、最初にお伝えした花粉症の仕組みはどうなっているのでしょうか。

 

花粉予報を見る前に、きちんとここで知っておくというのはいかがでしょうか。

 

<花粉症の仕組みについて>
花粉症というのは、スギやヒノキなどの花粉によって引き起こされるアレルギー性疾患のことです。

 

花粉が鼻の粘膜や目の粘膜に付着することでアレルギー症状が出ます。

 

花粉が鼻から体内に吸い込まれてしまうと、花粉からアレルギーの原因物質となる「抗原」が溶け出してしまいます。

 

※この抗原は体内では異物とみなされます。

 

この抗原と戦うには抗体というものが体内で作り出されます。

 

抗体が抗原を攻撃する時、ヒスタミンを始めいくつかの攻撃物質を出します。

 

それによって抗原を攻撃し、身体から抗原を排出しようとします。

 

ですが、このヒスタミンなどの攻撃物質が神経を刺激してしまうことがあり、それが炎症として出てくるようになります。

 

そして、その炎症がくしゃみや目のかゆみ、鼻水といった症状になってあらわれきてしまうわけです。

 

昔は、アレルギーを引き起こす物質自体が花粉の中に入っていると言っていました。

 

これは医学的に考えられていた事です。

 

しかし、近年になって新たな考え方になってきています。

 

それは、m外側の膜の表面部分に多くアレルギー物質があることが分かってきたようなんです。

 

こうした仕組みによって、花粉症の症状があらわれることが分かってきています。

 

世の中には花粉による影響を受ける人、受けない人がいますが、神経を刺激されやすいかでどうかでも、症状が出る出ないが分かれることもあります。

 

花粉症の基礎知識@記事一覧

仕組みについて

あなたは、花粉症の仕組みについて何か知っていますか?現代では、花粉症による辛い症状で悩んでいる人が多いと思います。そんな中、毎年初めくらいに花粉予報が出されますが、...

アレルギー性疾患の1つ

花粉症はアレルギー性疾患の一つだと言われていますが、ご存知ですか?言い換えると、アトピー性皮膚炎や喘息と同じ分類に区分けされます。そして、アレルギーについては、身体...

アレルギーと免疫の関係

私は、毎年春が近付いてくると花粉症に悩まされます。それで花粉予報を見ますが、「今年は去年の何倍!」といった花粉予報を見た時はガッカリしますね。あなたは、このような経...

種類について

スギ花粉のことを花粉症と考えている人が多いように感じますが、あなたはどうですか?実は花粉症は、種類が多くて日本国内だけでも50種類はあると言われているから凄い数でしょう。 ...

季節によって異なる?

花粉症は、全ての植物の花粉で起こるわけではないということを知っていますか?※日本国内で言うと、50種類〜80種類くらいだと言われています。この大別としては、草花と樹...

患者数が増える理由とは?

花粉症の人が増えている原因には、どんなことが考えられるのでしょうか。花粉予報を見ると分かるように、日本のスギ植林事情に関係しているようですね。昭和45年頃から、スギ...